アクセルファクターのファクタリング口コミと評判

アクセルファクターは個人事業主OKの500万円までの少額専門ファクタリング会社です。

非常に評判が良く、手数料も他社よりも安いです。また、対応も早く即日での資金調達も可能です。

このページではアクセルファクターの特徴や依頼する時の注意点、アクセルファクターを使った人の口コミと評判を見て行きましょう。

アクセルファクターはどんな評価を受けているのでしょうか。

アクセルファクターの公式サイトを見る

アクセルファクターとは? アクセルファクターの会社概要

会社名 株式会社アクセルファクター
代表取締役 郡司陽介
資本金 非公開
設立 平成30年8月
住所 東京都新宿区高田馬場2-14-9 アティレビル6F
電話番号 0120-077-739(フリーダイヤル)、03-6233-9185
FAX番号 03-6233-9186
メールアドレス info@accelfacter.co.jp
営業時間 平日9:30~19:00(土日休み)

アクセルファクターの公式サイトはコチラ

 

アクセルファクターはどこ? アクセルファクターの場所、アクセス方法、店舗情報

アクセルファクターの場所、アクセス方法を紹介します。

アクセルファクターは東京に拠点を構えています。

アクセルファクターの場所、アクセス方法

住所:東京都新宿区高田馬場2-14-9 アティレビル6F

アクセルファクターへのアクセス方法

  1. JR山手線・東京メトロ東西線「高田馬場駅」から徒歩1分
  2. 東京メトロ副都心線「西早稲田駅」から徒歩9分
アクセルファクターの外観

アクセルファクターはアティレビルの6Fにあります。

Googleマップの航空写真でアップで見ることができず、少し離れた斜めの写真になります。

赤い矢印で表示したビルで、入口が少し奥まっています。

 

アクセルファクターの特徴 メリット・デメリット

スピード 最低金額 最高金額 2社手数料 3社手数料 面談
即日 30万円 3億円 5.0%~ 来店必要
個人事業 2社 3社 医療 介護 その他

アクセルファクターの特徴を表にざっくりとまとめました。

アクセルファクターは手続きが非常に早く、営業時間内に申込みをすれば当日中に電話での仮審査があります。(希望金額等のヒアリング)

その後、必要書類が揃い次第、本審査になり問題なければ契約・入金となります。

「即日対応」と言っておきながら、翌日しか電話がかかってこないファクタリング会社が多い中、非常に素早い対応を見せてくれます。

アクセルファクターは「原則即日入金」を目指しており、半数以上は当日中に入金されています。

 

アクセルファクターが扱っているファクタリングの種類

アクセルファクターは通常の2社間・3社間の売掛債権ファクタリングだけでなく、診療報酬ファクタリング(病院や診療所向け)や介護報酬ファクタリング(介護施設向け)なども展開しています。

 

アクセルファクターの2社間ファクタリング

アクセルファクターの2社間ファクタリングは「売掛先にファクタリングの存在を知られることなく」資金調達ができる方法で、早ければ即日入金が可能な方法です。

審査が早く、売掛先にファクタリングを知られることなく資金調達できるのがメリットですが、3社間ファクタリングと比べると手数料が高くなるデメリットがあります。

「早く資金調達したい」・「売掛先にファクタリングを知られたくない」という人は2社間ファクタリングをおすすめします。

アクセルファクターを利用する多くの顧客が2社間ファクタリングを利用しています。

2社間ファクタリングの流れ

  1. 商品の納品やサービス提供が完了 → 売掛金発生
  2. 自社から売掛先へ請求書を発行
  3. アクセルファクターに請求金額を通知
  4. アクセルファクターから自社に売掛金の支払いを受ける
  5. 売掛先から自社に支払いがある
  6. アクセルファクターに売掛金を返済する

 

アクセルファクターの3社間ファクタリング

アクセルファクターの3社間ファクタリングは「売掛先」を含めた3社間での契約となるファクタリングです。

売掛先にファクタリングを了承して頂くことで手数料を安く、継続的に取引することが出来ます。

3社間ファクタリングのデメリットは「ファクタリングを利用することで、資金繰りが悪いのではないか?と疑われる」ことです。

日本国内で3社間ファクタリングを利用する人は少なく、診療報酬ファクタリングや介護報酬ファクタリングとして3社間を利用することが多いです。

3社間ファクタリングの流れ

  1. 商品の納品やサービス提供が完了 → 売掛金発生
  2. 自社から売掛先へ請求書を発行
  3. アクセルファクターに請求金額を通知
  4. アクセルファクターから自社に売掛金の支払いを受ける
  5. 売掛先からアクセルファクターに支払いがある

 

アクセルファクターの診療報酬ファクタリング

アクセルファクターの診療報酬ファクタリングは「病院・診療所・歯科・接骨院など」が対象となるファクタリングです。

売掛金は「社会保険診療報酬支払基金」や「国民健康保険団体連合会」へのレセプト債権(医療報酬の明細書)となります。

売掛先が国家機関となるため、通常の3社間ファクタリングのように「資金繰りの悪化」を疑われることなく利用することができます。

診療報酬ファクタリングの流れ

  1. アクセルファクターと契約する
  2. 社保と国保連に債権譲渡通知書を送る
  3. アクセルファクターから手数料を引いた譲渡代金が支払われる
  4. 社保と国保連からファクタリング会社に診療報酬が支払われる
  5. 買取金額の残金を依頼主に支払い

 

アクセルファクターの介護報酬ファクタリング

アクセルファクターの介護報酬ファクタリングは「介護施設」が対象のファクタリングサービスです。

介護報酬の売掛先は診療報酬と同じく「国民健康保険団体連合会」や「社会保険診療報酬支払基金」となります。

ファクタリングを利用することによって、2ヶ月~2ヶ月半ある支払いサイトを約1ヶ月に短くすることが出来るのが介護報酬ファクタリングのメリットです。

介護報酬ファクタリングの流れ

  1. アクセルファクターと契約する
  2. 国保連・社保に保険給付費を請求する
  3. アクセルファクターから手数料を引いた譲渡代金が支払われる
  4. 国保連・社保からアクセルファクターに介護報酬が支払われる
  5. 買取金額の残金を依頼主に支払い

 

アクセルファクターのファクタリング手数料

アクセルファクターのファクタリング手数料は利用者の口コミを見ると、他社よりも安く済むことが多く評判は非常に良いです。

手数料は公式ホームページを見ると2社間か3社間かは書いてありませんが、5.0%~となっていて、、おそらく2社間手数料のことだと思います。

掛け目については特に記載はありませんでした。

 

2社間ファクタリングの手数料

2社間 ファクタリング手数料
アクセルファクター 5.0%~
ファクタリング手数料に含まれるコスト(2社間)

  • 事務手数料
  • 買取手数料
  • 債権譲渡登記費用
  • 司法書士手数料(債権譲渡登記に必要)
  • 登記に関わる印紙代
  • 公正証書の作成費用
  • その他交通費や紹介料

アクセルファクターの2社間ファクタリング手数料は5.0%~となっています。

アクセルファクターの債権譲渡登記は条件によって変わるので、登記が必要な場合と必要ない場合があります。

もし債権譲渡登記が必要な場合の費用は5万円前後かかるので、必要なければ手数料がかなり安くなります。

(債権譲渡登記が必要な場合も、一度アクセルファクターに相談してみると良いでしょう)

債権譲渡登記の費用

債権譲渡登記の役割
二重譲渡の防止:利用者が1つの請求書で複数のファクタリング会社へ売掛金を売却するのを防ぐためのもの
差し押さえの対抗要件:利用者がファクタリングへ返すはずの売掛金を使いこんでしまった場合の裁判所に提出する証明書

債権譲渡登記は「二重譲渡の防止」のために必要な手続きとなり、「登記費用:7500円~15000円」・「司法書士手数料:3万円~5万円」・「登記に関わる印紙代:200円~20万円」がかかります。

売掛金額によってかわりますが、通常だと5万円前後の費用がかかります。

アクセルファクターの審査状況で債権譲渡登記が必要なければ5万円前後の手数料が安く済む可能性があります。

 

3社間ファクタリングの手数料

3社間 ファクタリング手数料
アクセルファクター
ファクタリング手数料に含まれるコスト(3社間)

  • 事務手数料
  • 買取手数料
  • その他交通費や紹介料
  • 売掛先への同行、ファクタリングの説明など

アクセルファクターの3社間ファクタリング手数料は特に記載がありませんが、2社間よりは安くなります。

3社間ファクタリングは「債権譲渡登記」の費用が必要なく、利用者から「返済されない」リスクも無いため、手数料が安く設定されています。

3社間ファクタリングの依頼はほとんどがレセプト債権(診療報酬ファクタリング・介護報酬ファクタリング)となっていて、通常の売掛債権での3社間ファクタリングは少ないです。

 

アクセルファクターはファクタリングを即日で調達可能

アクセルファクターは即日対応を原則としていて、平日の営業時間9:30~19:00であれば、当日中に電話での仮審査が行われます。

その後、結果がすぐに出るので、必要書類を揃えた上で本審査となり、審査が無事通過すれば契約して入金となります。

必要書類をあらかじめ準備しておけば、早ければ即日の資金調達が可能です。

他のファクタリング会社だと、電話でのヒアリングが「翌日」になったり、入金までが1週間ほどかかったりなど、対応が遅いところもあります。

しかし、アクセルファクターは「原則当日」となっており、半数以上の案件が当日中に入金までの手続きとなります。

 

アクセルファクターのファクタリング上限金額、最小金額

最小金額 上限金額
アクセルファクター 30万円 500万円

アクセルファクターのファクタリング金額は30万円~500万円の少額専門となっています。

ファクタリング会社によっては「少額も対応」と言っておきながら、少額利用者への対応が非常に悪いこともありますが、アクセルファクターは誠実に対応してくれます。

個人事業主も利用可能なので、個人の方もアクセルファクターを利用しましょう。

500万円以上には対応していないので、ビートレーディング(最大3億円)などを使うと良いでしょう。

(アクセルファクターの申込み欄を見ると500万円以上を選択することもできるため、場合によっては調達可能かもしれません)

 

アクセルファクターのファクタリングの流れと注意点

アクセルファクターの「申込み、審査、契約、入金、返済」までのスケジュールと注意点を紹介して行きます。

アクセルファクターを利用する前に目を通しておきましょう。

 

アクセルファクターのファクタリング申込み

アクセルファクターでのファクタリング申込みはWEB上で可能です。

審査・契約どちらで必要か書いてありませんが、以下の書類を準備して申込みしましょう。

審査・契約に必要な書類
・請求書又は見積書
・預金通帳
・決算報告書
・代表者の身分証明書(運転免許証・パスポートなど)
・代表者及び会社の実印
・印鑑証明書

アクセルファクターで申込みをする

相談したいことがある人は電話で相談してみましょう。

0120-077-739(フリーダイヤル)・03-6233-9185

平日9:30~19:00(土日休み)

買取り可能な売掛債権

ファクタリングOKの売掛債権

  • 製品売買代金
  • サービス提供代金
  • 運送料・輸送料
  • 請負代金(工事)
  • 調剤報酬
  • 診療報酬
  • 介護報酬
  • 家賃収入
  • その他債権(対法人・対行政)

基本的には「対法人に対する有効な売掛金」であれば買取り可能です。

買取り不可能な売掛債権

ファクタリングNGの売掛債権

  • 譲渡禁止特約付き債券(一部契約による)
  • 下請け代金支払遅延防止法に規定される債権
  • 個人に対する債権
  • 売掛先に対して売掛金よりも買掛金の方が大きい
  • その他債権(売掛先の支払能力不足など)

支払期限を過ぎた不良債権は利用できません。

「個人に対する売掛金」は基本的に利用できませんが、小売業や飲食業でも「クレジットカード債権」の買取りは可能です。

クレジット会社は支払いサイトが長いので、ファクタリングで早期に資金化するのがおすすめです。

個人事業主も資金調達可能

個人事業主が利用できないファクタリング会社は多いですが、アクセルファクターは個人事業主でも資金調達可能です。

(売掛先が個人事業主はNGです)

アクセルファクターの利用者割合は法人7割、個人事業主3割ほどになります。

利用者の多い建設業などでは個人事業主が特に多いため、アクセルファクターが利用できるのは嬉しいポイントです。

創業1年未満でも利用可能

設立間もない場合でもファクタリングであれば利用可能です。

売掛金があれば、問題ありません。

銀行融資NGの人でも利用可能

ファクタリングの審査対象は利用者ではなく「売掛先」となるため、銀行融資NGの人でも利用可能です。

赤字決算・税金滞納でも利用可能

ファクタリングは審査対象が「売掛先」となるため、利用者が「赤字決算や税金滞納」でも問題なく利用できます。

担保なし、保証人なしでも利用可能

ファクタリングは融資ではなく「売掛債権の売買」となるため、担保や保証人を必要としません。

他のファクタリング会社を利用していても利用可能

他のファクタリング会社を利用していても、アクセルファクターを利用することは可能です。

ただし、同じ債権は二重譲渡になるため利用できません。

2社間ファクタリングであれば売掛先に知られることがない

「売掛先に知られたくない」という人も多いと思いますが、2社間ファクタリングであれば「売掛先に知られることなく」ファクタリングを利用することが出来ます。

アクセルファクターのファクタリングの9割が2社間ファクタリングを利用しています。

地域は全国対応

アクセルファクターは全国対応で、対応していない地域はありません。

営業所は「東京」のみになりますが、遠方の利用者に対しては郵送やメール、FAXなどでも対応が可能です。

アクセルファクターは面談が基本的に必要ないため、わざわざ東京に行く必要はありません。

 

アクセルファクターのファクタリングの審査

アクセルファクターに申込みをしたら、すぐに審査に入ります。

まずはアクセルファクターから仮審査ということで電話でのヒアリングがあります。

希望金額などを聞かれますので、素直に答えましょう。

仮審査が通貨すれば、本審査に入ります。

アクセルファクターのファクタリング審査の必要書類

審査・契約に必要な書類
・請求書又は見積書
・預金通帳
・決算報告書
・代表者の身分証明書(運転免許証・パスポートなど)
・代表者及び会社の実印
・印鑑証明書

アクセルファクターのホームページには、「審査・契約」どちらで必要かは書いてありませんが、「請求書」や「入金が確認できる預金通帳」は審査時に必要になる可能性が高いです。

決算報告書や身分証明書、印鑑や証明書は契約時に必要になると思われます。

審査状況によっては追加の書類が必要になることがあるため、書類の必要があれば準備しましょう。

アクセルファクターは償還請求権なし(ノンリコース)

アクセルファクターのファクタリングは償還請求権なし(買戻請求権なし)となります。

売掛先から支払われる前に倒産してしまっても、利用者からファクタリング会社に売掛金を買い戻す必要はありません。

売掛先の倒産リスクをファクタリング会社が負ってくれるので、1つの売掛債権に対しての倒産リスクを減らすことが出来ます。

 

アクセルファクターのファクタリング契約

本審査が無事に通過したら、アクセルファクターとの契約となります。

アクセルファクターは「来店不要」となっているため、契約時もアクセルファクターに行く必要はありません。

近くの方であれば、来店して契約することも可能ですが、遠方の方は郵送・メール・FAXなどで必要書類を送るようにしましょう。

アクセルファクターのファクタリング契約の必要書類

審査・契約に必要な書類
・請求書又は見積書
・預金通帳
・決算報告書
・代表者の身分証明書(運転免許証・パスポートなど)
・代表者及び会社の実印
・印鑑証明書

審査状況によって、追加の書類が必要な場合があります。

契約内容をよく確認しよう

アクセルファクターでは契約内容の説明や手数料の内訳の説明がありますが、契約書はしっかり読み、疑問点などがあれば質問するようにしましょう。

後々のトラブルを回避することができます。

 

アクセルファクターからのファクタリング入金

契約が終わったらアクセルファクターから入金があります。

アクセルファクターの入金はすぐに対応してくれるので、15:00前であれば、その日中に振込んでくれます。

提携金融機関、取扱い金融機関への指定も可能

ファクタリング入金は指定の金融機関への振込みを依頼することができます。

もし提携している取扱い金融機関などがあれば、契約時に指定するようにしましょう。

 

アクセルファクターへのファクタリング返済(2社間の場合)

2社間ファクタリングの場合に限りますが、売掛先から入金があったら、アクセルファクターへの返済があります。

返済期日に送れないようにアクセルファクターに振り込むようにしましょう。

返済方法は分割ではなく一括で

ファクタリングは融資ではなく「売掛債権の売買」のため、分割返済という考え方はありません。

一括返済が原則となりますので、間違えても他に使うことが無いようにしましょう。

返済できない場合

万が一、売掛金を一括返済できない場合は利用者の「横領罪」となります。

返済できない場合のアクセルファクターの対応は分かりませんが、場合によって「訴訟」となったり、売掛先に「債権譲渡通知」が行われる可能性があります。

間違っても売掛先からの支払い金を使わないようにしましょう。

売掛先からの振込みが遅れる場合

何かしらの理由で売掛先からの支払いが遅れてアクセルファクターに返済できない場合は、アクセルファクターに相談するようにしましょう。

もしアクセルファクターとの話し合いが上手く進まない場合は、弁護士に相談するようにしましょう。

 

アクセルファクターのファクタリングでよくある質問

アクセルファクターのファクタリングでよくある質問です。

 

アクセルファクターでファクタリングした場合、残高証明書・残高確認はどうすれば良いですか?

・2社間ファクタリング:売掛先に残高証明書を出す
・3社間ファクタリング:ファクタリング会社に残高証明書を出す

残高証明書は1年に1回か2回、売掛先に残高の確認のために出す書類です。

2社間と3社間では送付先が違いますが、2社間ファクタリングは売掛先から支払いを受けるので、売掛先に提出します。

3社間ファクタリングの場合はファクタリング会社から支払いを受けるので、ファクタリング会社に提出します。

 

アクセルファクターのファクタリング口コミ・評判

アクセルファクターのファクタリング口コミや評判を集めてみました。

アクセルファクターに依頼するかの参考にしてください。

アクセルファクターは少額専門なので安心して利用できた

あなたの業種 2社間or3社間 調達までの日数 調達金額 手数料
印刷業 2社間 1日 100万円 15%(15万円)

入金の予定がずれてしまい、いろいろと費用がかかる時期に困って利用しました。
アクセルファクターさんは500万円以下を専門としているので、100万という少額でも嫌がられることなく、対応してもらえました。
担当者は誠実な感じで必要な書類をそろえれば、すぐに審査は通りました。
手数料が15%というのは他のファクタリング会社と比べても妥当なところだと思います。

アクセルファクターは手数料が安くて翌日には振り込んでくれた

あなたの業種 2社間or3社間 調達までの日数 調達金額 手数料
不動産業 2社間 1日 100万円 15%(15万円)

アクセルファクターはまだ創業1年ほどのファクタリング会社ですが、500万以下専門の会社なので他と比べて気軽に相談でき、審査がスピーディーでした。
私の会社もまだ開業半年ほどなので審査が通るのか心配しましたが、翌日にはお金が振り込まれました。
他の会社は手数料30%のところもあったので、15パーセントのアクセルファクターは良心的なほうかと思います。

アクセルファクターは審査が緩く、手数料も安かった

あなたの業種 2社間or3社間 調達までの日数 調達金額 手数料
製造業 2社間 3日 150万円 12%(18万円)

事業資金に行き詰まり、ネットで他社でのファクタリング審査で落ちた方でも大丈夫という口コミを見つけ、アクセルファクターに相談しました。
とても丁寧な対応をしていただき、審査も無事に通り150万円調達することが出来ました。
審査は緩く感じました。
資金調達までのスピードも速く、手数料も12%と以前、他社で調達した時よりかなり安い手数料でとても助かりました。

 

アクセルファクターの迷惑電話はあるのか

「アクセルファクター 迷惑電話」で調べたところ、アクセルファクターの情報は全く見つかりませんでした。

電話営業をしていると、情報が出て来ますが、アクセルファクターは電話営業をしていないかもしれません。

 

アクセルファクターはヤクザではない

アクセルファクターはヤクザの組織ではないのか調査しましたが、特にそのような情報はありませんでした。

アクセルファクターは誠実なファクタリング会社です。

アクセルファクターは口コミも非常に良く、電話での対応も良く、手数料も他社と比べると割安です。

 

アクセルファクターの2ch情報

アクセルファクターの2ch情報は掲載されていませんでした。

 

アクセルファクターのファクタリングまとめ

アクセルファクターは口コミや評判の良いファクタリング会社でした。

対応も即日に仮審査がすぐに行われ、入金は早ければ当日中に行なわれます。

手数料も比較的安く、対応も非常に評判が良いです。

ぜひファクタリングにはアクセルファクターに依頼してみましょう。

アクセルファクターの公式サイトを見る
相談室おすすめのファクタリング会社
人気No.1のファクタリング会社 三共サービス

毎週40件~50件ほどの契約があり、ファクタリング会社の中でも非常に多くの契約件数があります。
手数料は3社間1.5%~、2社間5%~と非常に低価格で資金調達が可能です。
会社は東京にありますが、東京以外の地方の方は郵送・メール・FAXでも対応可能です。
三共サービスの公式サイト

シェアする
ファクタリング手数料と会社を比較 | みんなのファクタリング相談室

ご意見、ご感想、コメント